保険見直しを図るなら無料で相談できる保険相談所へ

保険料を再度検討する

保険見直しの考え方について

来年度から保険料が上がることになって、慌てて保険見直しをする、これまでずっと保険に関することは任せっきりであったり、契約をしてからその後は一度も保険証書を見たことがないなど、いったどんなときにどの保険が使えるのか、いくらくらい保証されるのかも把握していないという方も多いのです。保険見直しのときに考えることは、無駄なものは省いて必要なものには必要なだけ保証額をつけることがポイントになります。ただし、保険だけに目を向けてしまうと、老後資金がまったく貯まっていないということもあります。保険ばっかりに一生懸命だとバランスが悪くなってしまいます。そのためライフプランを決めて収支をイメージすることで保険見直しをします。

保障期間の設定が重要になる

保険料が安くて保険の内容が充実している、どのような保障内容かは気にするけれど保障期間については気づいていないという方が結構多いのです。保障される期間が、短いとそれだけ入院のリスク、入院する確率が低いので保険料は安くなります。しかし、医療保障については保障期間が1年や2年程度で終わってしまっては困ってしまいます。そうなると医療保障は保障期間が長く必要になってきます。入院確率の高い時期もその保険料が加味されているかも重要な保険見直しポイントとなります。また、保険料はトータルで考えることです。総支払額と総受取金額を比較して貯蓄のために保険料を支払っていると思っても受取額が少ないといったケースも多いのです。

Copyright (c) 2015 保険見直しを図るなら無料で相談できる保険相談所へ all reserved.